格安航空券とは別に受託手荷物に別料金はかかるの?

- 格安航空券とは別に受託手荷物に別料金はかかるの?

キャンピングカーで旅しよう

格安航空券とは別に受託手荷物に別料金はかかるの?

格安航空会社も使うも、運賃を抑えられるのが大きなメリットです。抑えた分は食事や買い物など使えるお金も増えて、お得です。
しかし、実は格安航空券では運賃以外にも追加料金が様々な場面で発生してきます。それをあらかじめ知っておかないと、驚いたり、思ったよりも高くなってしまいます。
ですので、ここでは追加料金の中でも受託手荷物について見ていきましょう。

受託手荷物ってサービスでないの?

大手のANAやJALだと、荷物を預けても特に別料金はかかりません。また荷物の大きさの制限も特別ありません。

しかし、格安航空会社となると国内の路線でも受託手荷物の料金が、航空チケットの運賃と別途かかるところが多いです。例えば、ジェットスターが挙げられます。
実はその他には、預け荷物がない場合とある場合で運賃を分ける格安航空会社もあります。例えば、ピーチが挙げられます。
さらに運賃に受託手荷物にかかる料金も含む格安航空会社もあったりとタイプは意外と分かれています。 例えば、スカイマークが挙げられます。

なので予約時には、きちんと受託手荷物の料金がどうなっているか確認しておきましょう。

最初から支払うのがオススメ

格安航空会社が安くできる理由としては、コストを下げているからです。ところが受託手荷物が多くなると、燃料費などコストが掛かります。そのため、利益をあげるためやまたコスト削減ということで、受託手荷物の料金が追加されるのです。
この料金については、あらかじめ予約後に支払うより空港で支払う方が高くなるのがほとんどです。
予約時に荷物の重さを入力すると、それに応じた追加料金が算定され、それにより全体のお金が決まります。
なので、事前に支払っておく方がオススメです。

とはいっても、まだ荷造りしていないし、わからないと言う人もいるでしょう。大抵は20キロ以内で収まります。特に帰るときには、お土産で荷物が増えやすいので要注意です。
10キロでも結構すぐに越えてしまうので、20キロまでの料金のオプションをつけておくといいでしょう。余裕を持っておく方が当日も、料金の支払いで手続きに時間がかかるといったことも避けられます。

個数も要チェック

あと、格安航空会社では個数も何個までと決めているケースもあります。なので、なるべくは荷物はまとめておきましょう。その時には、軽くて大きいバックがオススメです。

国内で格安航空券を利用するときには、こうした受託手荷物にも気を配りましょう。