もっと安くできる?購入のポイントとは

- もっと安くできる?購入のポイントとは

キャンピングカーで旅しよう

もっと安くできる?購入のポイントとは

国内の飛行機を予約する時には、格安航空券もすっかり選択肢となりました。いかに安くするかが予約の最大の目標でしょう。
確かにどこでも格安航空会社を使えば安くはなりますが、もっと安くすることはできないのでしょうか。
購入時のポイントについて見ていきましょう。

基本は早めに予約すること

池と桶

大手のANAやJALはもちろんですが、格安航空会社でも、早割を使うようにしましょう。特に大手のANAやJALでも75日前や60日前を使えば、格安航空会社並みと言えます。なので、大手のANAやJALは高いと決めつけて選択肢から外す必要はありません。

なお、格安航空会社の場合には早割で安くなりますが代わりに、キャンセルしても返金不可となるので気を付けましょう。
予定が確実な時に格安航空会社にしたり、キャンセルOKのところにするのもポイントです。

時間もポイントになる!

あと、同じ目的地に行くにしても、その時間帯もポイントです。格安航空会社によっては、午後の便よりも午前の便のほうが料金が安いところもあるのです。ついつい早く目的地に行って楽しみたいでしょうが、午後の便にすることでより安くもできるでしょう。

さらに、時期や路線によっては早朝便や深夜便があります。目的地につくのは深夜2時や朝方6時など、かなりの深夜や早朝となりますが、ぐっと安くなりますし、朝から時間が有効に使えるので、これらの利用もポイントです。
なお、早朝便や深夜便を踏まえて、バスも運行していたりするので、移動しやすくなっています。大手のANAやJALでも、早朝便や深夜便だと安くなるのでオススメです。

次に予約するタイミングですが、たとえば週末にすると実は予約が殺到したり、また料金が高くなることもあります。なので、平日の昼間に取るのが実はオススメとも言われています。

あと、予約するときには空港カウンターや旅行代理店を利用するよりも、インターネット予約をするようにしましょう。その方が安くなるからです。
また、予約するときには荷物が多いと予想できるときにはあらかじめ、掛かる手数料は先払いしましょう。格安航空会社で当日の追加料金はさらに高くなるので、あらかじめ払っておく方が安くすむと言うわけです。

比較サイトを使う

最後に忘れてならないのは、比較サイトです。指定した路線の各格安航空券の料金が調べられるので、より安いところをひと目で探せます。

国内でも、これらを意識すればもっと安く予約できるでしょう。